セミナー・イベント

第184回S-cube「レーザーでコンクリートの健全性の検査を遠隔・高速で行う」

国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 

開催日: 2017年02月23日

公開日: 2017/02/17
  • 京都府木津川市梅美台8-1-7

日本には山が多くあるため、非常に多くのトンネルが使用さ れています。これらの点検は、人がハンマーで叩いた箇所の 音を聴くことでコンクリートの異常を診断する「打音法」と呼ば れる方法で行われています。ですが、トンネルの数が多く、か つ高い所での作業ですので作業は大変かつ危険も伴うため 、新たな検査方法が望まれています。 このセミナーでは「レーザー」の特徴である「非常に強い光で ある」こと、「遠くまで真っすぐに飛ぶ」ことに着目し、コンクリー トの検査を遠くからかつ素早く行うことを目的とした新しい検 査方法「レーザー打音法」の最新の結果について紹介しま す。

■日時:平成29年02月23日(木) (14:30~15:30)
■場所:関西光科学研究所 管理棟 大会議室
■講師:長谷川登 主幹研究員(関西光科学研究所 X線レーザー研究グループ)
■キーワード:レーザー、コンクリート、打音法
■参加費:費無料ですが事前参加登録制が必要です。
 参加希望者は下記にお申し込みください。
  ≫関西光科学研究所 管理部 庶務課
  ≫〒619-0215 京都府木津川市梅美台8-1-7
  ≫TEL:0774-71-3012 及び 3013
■Webサイト:http://www.kansai.qst.go.jp/s-cube-20170223.html
 (※Webサイトからの参加登録はできません)

地図