セミナー・イベント

第15回レファレンス協同データベース事業フォーラム 「編集して届ける ―潜在的な知的好奇心に働きかけるために―」 (国立国会図書館)

国立国会図書館 関西館

開催日: 2019年02月15日

公開日: 2018/12/25
更新日: 2018/12/25
  • 京都府相楽郡精華町精華台8-1-3

レファレンス協同データベース(以下、「レファ協」)は、国立国会図書館が全国の図書館と協同で構築している「調べ物」のためのデータベースです。現在、全国の図書館に寄せられた質問やその調査課程など、調べ物に役立つデータが約20万件登録されています。

人は、自分が知りたい情報を、図書館や書店、SNS、インターネット、あるいは友人に直接聞くなど、様々な方法で入手しています。一方で、そもそも自分が何を知りたいのかを意識せず、結果的に何かに出会ったと感じることも多いのではないでしょうか。
今年度のレファ協事業フォーラムでは、図書館は人の潜在的な知的好奇心をどのようにとらえることができるかについて、幅広い視点から考えます。

はじめに、多様な価値観を持つ人々を緩やかに巻き込み、互いに交流する中で新たな気付きを得るようなユニークな活動を行ってきたお二人から、その考え方や活動をお話しいただきます。
後半は、レファ協の「調べ方マニュアル」メニューを活用し、図書館に寄せられた質問やその調査法、情報資源等を編集して発信している3機関の方からご報告いただき、最後に登壇者全員によるフリートークを行います。

図書館関係者はもちろん、図書館に関心を持つすべての方にご参加いただけましたら幸いです。

※なお、陸奥賢氏の基調報告では、「直観讀み ブックマーカー」という本遊びをします。
フォーラムに参加される方は、本を1冊ご持参ください。ジャンル・内容・本の大きさ等は不問です。

主催:国立国会図書館
日時:平成31年2月15日(金)13:00~17:45
会場:国立国会図書館関西館 地下一階 大会議室
   (京都府相楽郡精華町精華台8-1-3)
   「近鉄京都線新祝園駅」または「JR学研都市線祝園駅」下車、
   奈良交通バス36,56,58,59系統乗車(約10分)、
   「国立国会図書館」下車
   「近鉄けいはんな線学研奈良登美ヶ丘駅」下車、
   奈良交通バス56,59系統乗車(約15分)、
   「国立国会図書館」下車
対象:図書館に関心をお持ちの方(一般の方のご参加も歓迎します。)
申込:2月8日(金)までにウェブサイトからお申し込みください。
   http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_15.html
お問合せ先:国立国会図書館関西館 図書館協力課 協力ネットワーク係
電話:0774-98-1475
メール:info-crd@ndl.go.jp