セミナー・イベント

前ゼミ第9回 化学系特許出願の実務(数値限定発明編) ~発明を数値範囲で特定する場合の「落とし穴」とその「回避法」~

特許業務法人前田特許事務所

公開日: 2013/02/13
  • その他

化学物質の発明、材料の製造方法の発明等の化学系の発明では、化学構造上の一般式の範囲や温度範囲等を数値範囲で限定して発明を特定する必要があります。
このような数値限定発明では、単に数値範囲で発明を特定するだけであるため、一見、明細書の記載が容易に思われますが、実は、「落とし穴」が潜んでいます。そして、明細書の記載に不備があると、この「落とし穴」から抜け出すことができなくなります。
そこで、本セミナーでは、発明を数値範囲で限定する場合の留意事項について解説します。
化学系の特許出願をする企業様の知財担当の方、必見です。是非ご参加下さい。